歩く・移動

(抜けない・サイズ分からない)杖の先ゴム、どうやって交換する?

横から見た歩行

『杖で歩けるようになったばかりだけど、
そのうち杖を忘れてスイスイ歩けるようになりたい!』
少しずつでも動いて感覚を取り戻す頑張りやさんも、

歩けるようになりたいと言ったモノの、雨降って自宅待機、今日は腰が痛いから自宅待機……3日坊主系のお友達も。

 

みんな、買った杖のメンテしようぜ!?

 

…というか、

杖先ゴム、ボロッボロ君が多いぞ!

 

ちょっと最近危ないヒトが多かったので、
この場ででっかい声で言っちゃうよ。

 

 

おさらい:杖をつくたび、足下からカチカチ音がするときは

物静かに支えてくれている杖が、急にカチカチ鳴りだしたら要注意。

留めパーツを締め忘れているうっかりご主人へ、杖がお知らせしていたり、

ご主人様…もう…これまでです…と杖の最期の悲鳴だったり。

 

杖から音が聞こえてしまう原因は複数あるんだ。

まずは原因の確認から始めてみてね。

 

杖
伸縮タイプ杖(つえ)のカチカチ音を止める方法杖からカチカチ音がするときの、止め方を紹介。...

 

杖先ゴムから、金属が出てきた!使えば減るんです。
杖先のゴムがすり減って、杖が出てきた!(杖が出てきたように見える原因と対策)杖先ゴムの先から、金属が見える現象。杖が飛び出しちゃった!とびっくりするまえに、予習してみよう。...

 

 

杖先ゴムで、こんな症状は要注意

杖の先に付いている、杖先ゴム。

いつも触れる握り部分と違って、足元部分のパーツだから、どうしても気づきにくい部分ではある。

杖先ゴムの交換タイミングの目安

 

杖を実際に使いこなすお友達からは、こんな声をよくいただくんだ。

杖先ゴム、交換が必要なのは なんとなく分かっているけれど、いつ・どんなときに交換するのか分からない

 

そうそう!分からないんだよね!と思ったお友達のために、交換の目安を紹介するので、ぜひ参考にしてほしいな。

 

杖先ゴムからのSOS(交換だ!)
  • 杖先ゴムに細かいひび割れ
  • 杖先ゴムの底に刻まれている溝が、削れてなくなっている
  • 杖先ゴムが一方向だけ削れて、底面がナナメになっている
  • 杖先ゴムが裂けている
  • 杖先ゴムの中の金属が見えるほど削れている(カンカン、ガリガリ音)

 

杖先ゴムを交換したい!新品のゴムはどこで売ってるの?

おすすめは、杖も売っている実際の店舗。

杖の先ゴムは本当にたくさんサイズや種類があるので、

サイズを測ってもらって、杖にあったものを選んでもらおう。

 

杖先ゴムの交換は、自分でするにはちょっと大変。
交換もしてもらえるお店を選ぶと安心だね。

 

お店によっては、交換しながら杖のメンテナンスチェックもしてくれるので、

杖本体が実は曲がってて危なかった!などの、普段使いでは気づきにくい危険を発見してくれるので、本当にオススメなんだ。

『あの~、杖先ゴムの交換もしてほしいんです。交換ってお金かかりますか?』

こんな感じでお店に声をかけてみよう。

 

 

杖先ゴムのサイズや形状が分かっていて、自分で交換できるとき

杖先ゴムは、自分で交換できるんだ。
(交換はちょっっっっと、力仕事なんだけれども。)

ぜひ挑戦したい!というお友達は、杖先ゴムを実際の店舗で買ってもいいし、インターネットで注文しても買えるよ。

 

ただし、インターネットで買うときは

  • サイズや種類を間違えないこと
  • 交換できる人が居ること

インターネットのお店で杖先ゴムを買ったけど、杖に付けられない!何で買ったのに交換してくれないの!と、買ったお店に言われても困るので、ココ注意だよ。

 

杖先ゴムを交換したいけど、古いゴムが外せないときの対処法

新しい杖先ゴムを用意した。

さぁ自分で交換するぞという場面で、
古い杖先ゴムが抜けない!ということも。

 

心配しなくても大丈夫。よくある話し。

 

使っているときに抜けないように、ぎちぎちに装着してあるので、
杖先ゴムが杖から抜けないくらいでちょうど良いんだ。

 

話しは戻して、交換のときに抜けないのは困る。

がんばって引っこ抜くのも一つだけど、

古い杖先ゴム、変質して杖にぺったりくっついていることも多い。

そういうときは、カッターナイフなどで少しずつ削る。

ケガしないように、
杖先ゴムの差し込み口のほうから少しずつゴムを削っていくと、外しやすくなるよ。

 

  • 杖先ゴムを杖から外すときは、力がいる
  • 抜けないときは、カッターナイフなどで少しずつ削っていくと外れやすくなる
    (カッターナイフの歯が折れないように、削るときはかつおぶしくらいの薄さを意識)

どちらの方法も、ケガしないように注意だ!

そうそう、肝心なこと。

杖先ゴムを杖から外すときは、新しい杖先ゴムを用意してからにしよう。

 

頑張って外しても、付けるゴムが無いと杖が使えないぞ!

 

杖先ゴムのまとめ買い保管は大丈夫?

杖先ゴムは、小さなゴム製部品。

特に、めったに行かないお店だと、予備に…と買っちゃう気持ち、すごく分かる。

インターネットショップだと送料かかるし、ポチッとしたくなるのも、とっても分かる。

 

でも、杖先ゴムのまとめ買いは、オススメしない。

とてもしっかり歩いて、
杖先ゴムを半年以内のペースで交換するような人は問題ないけれど、

杖先ゴムって、大半の人の使い方では、そんなに早く減らない。

点検オススメは1年周期だけど、
点検時に『杖先ゴムが傷む前に交換しとこう』というお友達が大半。

傷んでいなければ、そのまま使い続けて…3年経ってもまだ減っていない場合もあるんだ。

 

ここで悩む、予備の個数の話。

付けている杖先ゴムが割れた時の予備とかで、1個や2個程度なら良いけれど、

予備10個ある!これで10年近く安心だよ!とはならないよ。

 

10年経ったら、杖先ゴムのゴム成分が変質している可能性がある。

硬くなったり、ヒビ割れたり…保管状況にもよるけれど、
備え大事!買っておいとけば安全だね!とは言えないんだ。

 

とれたて旬の食材は美味しくて身体に良いというけれど、
杖先ゴムも、なるべく買いたての新しいものを使ってほしいな。

 

おさらい
  • 杖先ゴムはの交換用予備は、1個か2個で。
  • たくさん買っても、使わなかったら変質してしまう

 

まとめ:ここまでの注意点のおさらい

杖先ゴムの交換だけでも、小さなコツや注意点がたくさん出てきたので、まとめ。

小さなポイントを1つずつクリアすることで、杖を上手に使ってほしいな。

 

まずは、杖先ゴムの交換目安。

杖先ゴムからのSOS(交換だ!)
  • 杖先ゴムに細かいひび割れ
  • 杖先ゴムの底に刻まれている溝が、削れてなくなっている
  • 杖先ゴムが一方向だけ削れて、底面がナナメになっている
  • 杖先ゴムが裂けている
  • 杖先ゴムの中の金属が見えるほど削れている(カンカン、ガリガリ音)

 

 

 

次に、杖先ゴムの交換しようと思ったときにオススメの方法。

杖も売っている実際の店舗に、杖先ゴムの新品を買ったときに交換を依頼する。
杖の先ゴムは本当にたくさんサイズや種類があるので、
きちんとサイズを測ってもらって、杖にあったものを選んでもらおう。

 

 

 

インターネットで買うときの注意点。

  • サイズや種類を間違えないこと
  • 交換できる人が居ること

 

 

 

杖先ゴムを自分で交換するときの注意点。

  • 杖先ゴムを杖から外すときは、力がいる
  • 抜けないときは、カッターナイフなどで少しずつ削っていくと外れやすくなる
    (カッターナイフの歯が折れないように、削るときはかつおぶしくらいの薄さを意識)

どちらの方法も、ケガしないように注意だ!

そうそう、肝心なこと。

杖先ゴムを杖から外すときは、新しい杖先ゴムを用意してからにしよう。
頑張って外しても、付けるゴムが無いと杖が使えないぞ!

 

 

これで最後。杖先ゴムの交換用予備を買うときの目安

おさらい
  • 杖先ゴムはの交換用予備は、1個か2個で。
  • たくさん買っても、使わなかったら変質してしまう

 

 

さいごに:1つずつ注意点クリアで大丈夫

今回は、たっぷり注意点やポイントを紹介してきたけれど、

こんなに覚えられない…

不安になるのも、もっとも。

でも、大丈夫。

 

今日、確実に覚えてほしいことは、
杖先ゴムは、交換が必要。

 

そろそろ交換かなというときに、
あらためて他の注意点を1つずつ確かめるペースで大丈夫だよ。

 

杖先ゴムは縁の下の力持ち。
たまにでいいので、ちょっとだけ、気にかけてもらえるとうれしいな。

それでは良き杖ライフを!

 

ABOUT ME
つるまる
つるまる
生活に大事なことこそ、シンプル・簡単にする主義。 難しくないことを説明するのに、専門用語並べて難しい説明に見えちゃうのがイヤになった専門職。 分かりやすい言葉で表現するためにいろいろな言葉で表現チャレンジ中。