おむつ

パンツ型紙おむつ、深ばきタイプはあったか~い!で防寒に活躍

あたたかく保温

パンツ型紙おむつ、実は装着していると『あたたかい』。

パンツ型紙おむつの装着にためらいがあって、まだ踏み切れない。
でも、トイレまでが(心理的に)遠くて心配。

そんな尿もれ心配系のお友達に、ケア専門職のひと押し。
『寒がりって言ってたでしょ?パンツ型のおむつってあったかいよ!』

そう、あったか~いのは事実だったりする。

 

パンツ型で軽装にみせかけて、
保温しちゃう。

今回は、そんな見かけによらない隠れスキルを紹介しておこう。

パンツ型紙おむつがあたたかい理由

パンツ型紙おむつが「あたたかい」理由は、ざっくり3点。

簡単に紹介していこう。

 

あたたかい理由1 『腹回りの形状』

大半のパンツ型紙おむつは、腹回り(ウエスト部分)が、伸縮する幅広ギャザー構造。

吸水パッドを装備しているので、最大吸水量の重さを吸っても支えられるように…と考慮されている。

(※注:実際は、吸わせすぎるとさすがにズレる。歩くと、ずりずりっと下がってくる!)

 

2回分の尿を吸収できます!という銘柄で、
1回の尿が180ml計算でも、360ml。

自販機で売っている、350ml缶が一本ぶら下がっても、
すとーんと一気に落ちない保持力。

 

 

ズレないように、頑張って身体につかまるパンツ型紙おむつ。
その姿、例えるなら腹巻き。
ガードルに見えなくも無い。

 

そう、パンツ型紙おむつは、割と深ばきなんだ。

そりゃ、お腹を冷やさないよね。

 

 

あたたかい理由2 『腹回りの素材』

次に、パンツ型紙おむつの腹回り素材。

お分かりだと思うけど、布じゃない。

不織布と呼ばれる、紙の仲間。

 

近い素材…キッチンペーパーの紙っぽくない勢いで破れにくい厚手のやつ。
具体的な品名出すと、リードのクッキングペーパーが近い。

リードのクッキングペーパーが、伸縮くしゅくしゅ加工でお腹に巻かれてる感じ。

 

おむつの不織布は、
クッキングペーパーと違って、
蒸気を通しても、水そのものをはじく加工されている。
(尿が流れてきてしまったときの、防波堤効果を持たせているから。)

…ということで、
お腹や背中に浮かんだ汗は吸わないと思った方がいい。

 

あたたかい理由3 『吸水部分が薄手クッション状態で断熱』

パンツ型『紙おむつ』なので、当然とも言えるんだけど、

吸水部分が紙パッドになっている。

腹回りやパッド以外の部分と比べても、ちょっと厚みをもっている。
普通の下着と比べても、もちろん厚め。(銘柄によって厚みは違うよ!)

 

ユーザーいわく、
この、吸水パッドのちょっと厚め構造で、
外出中の『つめた~い』ベンチで、お尻が冷えてビックリしないそうだ(笑)

 

夏でも冷房ガンガン効く環境だと、魅惑の『あったか~い』

装着をためらう、でも…と迷うお友達が寒がりさんや、

寒い季節に暖房代を気にしちゃう、

夏の病院や施設だと冷房が強めと感じちゃうお年頃だと、

 

「あったかい」でグラグラ心が揺らぐそうだ。

 

あたためれば良いというものでもない。こんな方は冬でも気をつけて!

汗っかきのお友達だと、
汗で湿って、暑くて、動いて擦れて
『かゆ~い!』とお腹と背中をカキカキしないように要注意!

 

紙おむつの不織布は、
木綿の布みたいに、
吸い込んで、広がって、面で蒸発させるわけでもないので、
汗っかきさんのお腹、違和感がないか要チェックなんだ。

 

あとは、汗が出にくい(=不要な体温を放出しにくい)お友達。
トイレ行かなくていいように、と水分控えめを強行していたり、
ガンガン暖房が効いた室内でも、過去の習慣そのままにがっつり着込んで保温MAXしちゃうと、冬でも熱中症を招いてしまう。
これはパンツ型紙おむつだけの話しじゃ無いけれど、
保温を頑張っちゃうお友達は、体温上げすぎになっていないか気をつけてあげてほしい。

 

パンツ型紙おむつの『あったか~い』は真実だったが…?

パンツ型紙おむつの『あったか~い』、

メーカーの想定外効果だったりする。(そんなこと想定して作ってない…)

 

メインは尿もれ防止。

さらに、
パンツ型紙おむつは、
自分で脱ぎ履きできるアクティブさが売り。

  • 立ったまま足を通して、引き上げればスポッと履ける
  • 自分でも微妙な位置調整ができる

これって、お手伝いする側も、考え込むほどの難しい技術は必要ないということ。

 

尿モレが気になるけれども、パンツは自分で履けるぜ!というお友達は、
使い捨てパンツあるんだね~という感じで覚えておいてもらえるとうれしいな。

『あったか~い』けど、防寒着じゃないんだ!(笑)

ABOUT ME
つるまる
つるまる
生活に大事なことこそ、シンプル・簡単にする主義。 難しくないことを説明するのに、専門用語並べて難しい説明に見えちゃうのがイヤになった専門職。 分かりやすい言葉で表現するためにいろいろな言葉で表現チャレンジ中。