おむつ

簡単に紙おむつに名前を書く方法:手書きよりも早くスマートに済ませたいときに

紙おむつは消耗品。

洗濯しなくて良い代わりに、使い捨ての消耗品。

在庫を置いとかなくちゃと、買ったものの…あれ?何だか減ってない?

 

紙おむつを他の人が『間違えて使っちゃった!』を防止するために、

紙おむつにコツコツと名前を書いているみんなに、簡単に名前が書けるアイテムの紹介だ。

レッツ、手抜きで楽しようぜ!

 

紙おむつ1つずつに名前を書くのは、本当に手間がかかる作業

紙おむつの外装は、柔らかい不織布が多い。

 

パッケージ1つにつき、大人用で20~30個入り。

尿とりパッドも同じくらい(20~30個)が多い。

使用頻度によるけれど、毎日取り替えると仮定すると1か月持つか持たないかの計算。

 

この紙おむつと、尿とりパッドに、コツコツ名前を書かなきゃいけないときがある。

油性マジックで名前を頑張って書くんだけど、

紙おむつに名前を書くのがつらくなる!
  • おむつの外側、ふにゃふにゃ柔らかくて書きづらい。
  • ペン先が引っかかる。
  • 書きづらいから、紙に書くより時間がかかる。
  • 書きづらいものにお名前を書くのが、『毎月』繰り返される。

…の割に、毎月60個くらいサインするワケだ。

人によっては、100個を超える。

どこの人気者だよ!

 

1回限りの消耗品に、何で1個ずつ名前書かなきゃダメなんだ!と

モヤモヤする気持ちはとても分かる。

 

 

でも、お世話になっている保育園、通いの介護業者、入所施設さんに言われるんだよね。

「持って来るおむつに、お名前書いておいてください。」
※指示あるところもあれば、言われないところもあるそうな。)

 

お世話になってるから、言われたら書かないわけにはいかないじゃない?

書きづらい素材に、お名前カキカキ頑張るじゃない?

面倒だよ!

そんな暇じゃないよ!(;゚ロ゚)

 

紙おむつに、お名前をハンコみたいに押せるスタンプがあった。

紙おむつ1個ずつに、お名前書かなきゃダメとはいえ、

手書きとは書いてない。

ならば、スタンプでどうだ!

 

 

 

通常よく見かけるスタンプは水性。

普通のスタンプだと、紙おむつの不織布がインクをはじいてしまうけれど、

 

防水性能バッチリの紙おむつにも、にじまずにしっかり押せるスタンプを発見。

ぺったん、ぺったん…(乾燥)。

インクが乾いたら、準備完了。

 

苦労していた手書きと比べたら、大幅な時間短縮。

スタンプを1回作っておけば、サインの手間が激減するね。

 

さいごに:時間短縮は、悪いことじゃないよ!

紙おむつや尿とりパッド1個ずつにサインするのは本当に大変。

そこをど根性で時間かけて仕上げるか、

サラッと時短の工夫で終わらせて、他のことに時間を回すかはみんなが決めることだけど、

 

時間が無い…忙しい…と、普段からいろいろ頑張っている人には、

時短テクニック、こんなのもあるよって参考になったらいいな。

 

 

 

ABOUT ME
つるまる
つるまる
生活に大事なことこそ、シンプル・簡単にする主義。 難しくないことを説明するのに、専門用語並べて難しい説明に見えちゃうのがイヤになった専門職。 分かりやすい言葉で表現するためにいろいろな言葉で表現チャレンジ中。